脂肪吸引のいろいろな方法

脂肪吸引のいろいろな方法

あまりにも付き過ぎてしまった脂肪を燃焼させることは難しいもの。その落としにくい皮下脂肪や脂肪細胞を減らす方法が「脂肪吸引」です。皮膚を切開して、金属製の細い管で脂肪細胞を除去する脂肪吸引手術の最大の効果は、「部分痩せ」ができることでしょう。

 

 

 

 

皮下脂肪が一気に減る「脂肪吸引」は、目に見えて体型をスリムにできる治療法です。脂肪がつきやすい殆んどの部分で脂肪吸引ができます。皮下脂肪に悩んでいる人、部分的に脂肪を取りたい人は、高い効果が期待できそうです。それでは、脂肪吸引にはどういった方法があるのか見てみましょう。

 

心斎橋・千葉市のリラクゼーションサロン

 

【チューメセント法】は、吸引前に鎮痛効果や止血作用、脂肪細胞をふやかす薬液を注入し、脂肪細胞を柔くしてから吸引。血管へのダメージも少なく、痛みや腫れも軽減。

 

 

 

【ハイパーインフレート法】で、中間層、表層への麻酔が可能。痛みと出血を抑えながら大量の脂肪吸引が可能で、皮膚表面のデコボコも抑えられる。

 

 

 

【浅層脂肪吸引法】は、皮下脂肪の浅層部分の脂肪を吸入し、たるみを解消。

 

 

 

【超音波脂肪吸引法】は、超音波の振動で、脂肪組織を分解したり柔らかくして吸引。超音波の振動で脂肪組織を分解しながら吸引していく体内式と、吸引したい部分に外から超音波を照射し、温熱で脂肪組織を柔らかくして吸引する体外式の2種類がある。

 

【PAL法】は、カニューレの先端を高速振動させ脂肪吸引する装置。人の手では取れない細部の脂肪まで吸引。短時間の施術で体への負担も少ない。

 

【クリスクロス法】は、複数の切開部からカニューレを挿入し、広範囲の脂肪を満遍なく吸引してデコボコを極力抑えることができる。