脂肪吸引のリスクについて

脂肪吸引のリスクについて

脂肪吸引をすると、いい意味でも悪い意味でも人生が変わります。以前とは違う足の細さやスリムな体型が手に入りますが、以前とは違う体に違和感を感じてしまうものです。

 

 

 

脂肪吸引で魅力的な体型を作る事はできても、同時に様々な脂肪吸引によるリスクがあることも事実です。

 

 

 

脂肪吸引の歴史は30年ほどになります。開発当初は、脂肪の取り出し過ぎや、逆に脂肪の取り出し不足の問題、そして施術中の出血によって輸血の必要性が生じてしまったり、貧血やショックも生じたりするものでした。

 

 

 

しかし、今では飛躍的な医療技術の発展や医療器具の進歩で、術中の出血がほとんどなく安心して施術が受けられるようになりました。

 

 

 

脂肪吸引は美容外科で施術を受けるもので、部分的な脂肪吸引により美しいボディーラインを作ることができます。お腹周りの脂肪吸引は、最も希望の多い部分。

 

 

 

欧米では「脂肪彫刻」という別名があるほどです。脂肪細胞自体の削除により、食べても脂肪細胞への蓄積がないためリバウンドしないのがメリットです。

 

脂肪吸引によるデメリットは、皮膚表面のデコボコです。技術の進歩である程度抑えることができるようになったとはいえ、それは施術する先生の腕次第です。施術後の後遺症の出方、手術後のむくみや腫れと痛み、皮膚のタルミなども心配の要因です。

 

事前に、どのくらい痩せられるのか、手術の流れ、麻酔、通院、アフターケアなどについての詳しい説明を聞いて、十分に納得することが重要です。手術後のケアについても詳しく知り、不安や疑問を減らし、脂肪吸引に対する理解を深めてください。