肥満度とは?

肥満度とは?

「なんとしても短時間で効果を出したい!」「自然と美しく痩せたい!」そうは願っても、なかなかダイエットは思うように成功しないもの。途中で諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。やはり美しさというものは、そう簡単には手に入るものではないのでしょうか。

 

 

 

理想的な体型にするには、正確に自分の「肥満度」を把握する必要があります。そのためにはまず体脂肪率とBMI(標準体重)について知る必要があります。

 

 

 

体脂肪率とは、体重に占める体脂肪量の割合をいい、男性は25%、女性は30%を超えると体脂肪減量の必要性があります。

 

 

 

BMIは体格指数で、体重が標準体重を上回る場合は必要以上の脂肪がついていることになり、体重が標準体重より20%以上多い人は、減量して体脂肪を減らす必要があります。

 

 

 

脂肪は人間が生きていく上で必要不可欠なエネルギー源です。体温を維持したり、臓器を保護する働きもします。そして、脂肪細胞数は3歳までに決まるといわれています。

 

 

 

この太る・痩せるの変化は脂肪細胞の数の増減ではなく、脂肪細胞自体が膨らんだりしぼんだりして変化するものです。ダイエットで痩せると、脂肪細胞数は同じでも細胞の大きさが小さくなるので痩せ、ダイエットをやめるとリバウンドしてしまいます。

 

リバウンドしないためには、脂肪をかき出して脂肪細胞の大きさを変化させるしかないのです。失敗せずに魅力的な体型を作るために、脂肪吸引を行なう女性が増えてきました。

 

脂肪吸引は、脂肪細胞ごと吸出し脂肪細胞の数を減らすので食事制限の必要がありません。これで、お尻や足の贅肉にさよならでき、理想のボディーラインを実現できるというわけです。