様々な脂肪吸引方法@

様々な脂肪吸引方法@

医療技術、医療機器の進歩により、脂肪吸引法も様々開発されてきました。どのような方法があるのかご紹介します。

 

ワキガ治療の事ならコチラ

 

【チューメセント法】1990年に開発されたチューメセント法は、吸引前に鎮痛効果や止血作用、脂肪細胞をふやかす効果のある薬液を注入する方法です。脂肪細胞が柔らかくなった状態で吸引をするので、吸引できる量も増え、血管などへのダメージも少なくなりました。

 

 

 

出血、痛みなども大幅に解消され、腫れなどの術後の合併症も軽減されるようになりました。この方法が開発されてからは、輸血が必要となるケースはかなり少なくなったそうです。【ハイパーインフレート法】チューメセント法で難しいとされていた中間層、表層への麻酔を可能にした方法です。

 

 

 

チューメセント法を進化させた方法と言えます。この方法によってカニューレ操作がより簡単に行うことができ、痛みと出血を抑えながら大量の脂肪吸引が可能になりました。

 

 

 

皮膚表面の凹凸も抑えることができました。