切らない脂肪吸引A

切らない脂肪吸引A

薬液を注入した部分の脂肪が活発に燃焼するので、肌のハリがよくなるとも言われています。1回の注射でも効果はありますが、一般的には2週間間隔で3〜4回の注射が必要になります。

 

 

 

脂肪細胞自体が減るわけではありませんので、カニューレを使った脂肪吸引ほど大きな変化はありません。ですから食べ過ぎなどでリバウンドする可能性もあります。しかし、徐々にでも確実に変化は感じられます。

 

 

 

【BTB脂肪排出システム】スタイリングマシーンを使って、やせたい部分をローリングし、脂肪やセルライトを分解・排出させる方法です。分解された脂肪は、他の老廃物などと一緒に、尿や便などの形で自然排出されます。

 

 

 

【カーボメッド】炭酸ガスを注入することによって新陳代謝を活発にし、脂肪の分解を促進させる方法です。元々は動脈硬化、血管障害などの病気に使われてきました。

 

 

 

安全で、痛みもないのに、気になる部分の脂肪細胞を効果的に減少させることが可能です。