脂肪の燃焼を助ける食べ物

脂肪の燃焼を助ける食べ物

脂肪の変形で固まったセルライトを、お金をかけずに自宅で解消したいと思いませんか。今までの生活環境や食生活を改善して基礎代謝を高め、自然に痩せることをめざしましょう。

 

 

 

運動で筋肉を刺激した後、高タンパク質を取ると新しい筋肉が作られやすくなるといいます。高タンパク食品としては、牛乳・チーズ・ヨーグルト・ゆで卵・枝豆・豆腐・豆乳・豆菓子などがあります。

 

 

 

ビタミン、ミネラルで代謝活動が活発化し、脂肪の燃焼を促進します。ですので、ビタミン、ミネラルが多く含まれる豆類、牛乳やチーズなどの乳製品、緑黄野菜をたくさん取りましょう。

 

 

 

たんぱく質不足は体温と代謝を低下させます。高たんぱくで低脂肪な食材である鶏のささみ、ヒレ、モモ、白身魚、豆腐などを取りましょう。ヒラメやカレイ、タイ、タラ、カジキ、マグロ、鮭、鰯など、低脂肪、低カロリーの白身魚がおすすめです。

 

 

 

脂肪の燃焼を助けるマグネシウムを多く含む食品は、アーモンド・カシューナッツ・海草・納豆・バナナ・ごま・ホウレン草・枝豆・豆腐・貝類・エビ・魚・ごぼう・牛乳・玄米・お茶などがあります。

 

 

 

むくみに効くカリウムを多く含む食品は、さつまいも、じゃがいも、ほうれん草、豆類、ナッツ、玄米、トマト、きゅうり、キャベツ、海草、バナナ、キウイ、プルーン、ひじき、切り干し大根、干しシイタケなどがあります。

 

基礎代謝を促進させる辛い食品や、老廃物を排出しやすくする食物繊維、ヌメリ成分のアルギン酸やレンチシンも余分なコレステロールを排出するのを手伝ってくれます。

 

こうした食品を、「ゆでる」「蒸す」「焼く」「煮る」など脂肪を減らした調理方法でたくさん食べるようにしましょう。そうすれば脂肪が燃えやすい体質になることができるでしょう。