切らずに脂肪をなくす方法

切らずに脂肪をなくす方法

普通の脂肪吸引は皮膚の凹凸や脂肪の過剰吸引のリスクも高いですが、切らない治療法は体外から脂肪細胞のみを破壊し、内臓や組織を傷つける恐れがありません。治療後の赤みもすぐ引き、ダウンタイムも短縮されます。

 

 

 

3回の治療で、誰が見ても判るほどのサイズダウンが期待できます。ポッコリお腹が引き締まり、きつかったジーンズがスッポリと入って、今まで以上にファッションが楽しめそうですね。

 

 

 

今や、切らずに脂肪をなくす「プチ整形」が人気。短期間で脂肪分解させ、ダメージも少なく、アンチエイジング効果もあります。それでは、切らずに脂肪をなくす方法にはどんな方法があるのかを見てみましょう。

 

 

 

【メソテラピー】は、皮下組織に脂肪溶解溶液を注射して脂肪燃焼させる。3〜4回の注射で、ゆっくりと確実な変化を感じる。

 

 

 

【カーボメッド】は、炭酸ガス注入で新陳代謝を活発にさせる。

 

 

 

【BTB脂肪排出システム】は、やせたい部分をローリングし、脂肪やセルライトを分解させる。分解された脂肪は、尿や便となって自然排出される。

 

【エンダモロジー】は、ローラーでマッサージしたり皮膚上から吸引してセルライトを破壊する。

 

【EMS】は、外から高周波電流を当てて筋肉収縮弛緩と筋肉を増強させ、脂肪を燃焼。腹部に15分間当てるだけで、腹筋運動200回分の運動効果がある。

 

【インディバ】は、高周波を当てて細胞組織の活性化と脂肪を燃焼させる。「高周波誘電加温型容量性電位法」として特別特許されている。有酸素運動の5倍の脂肪燃焼効果がある。

 

【CET】は、温熱作用で体内でジュール熱を発生させ、深部の脂肪細胞の燃焼と基礎代謝を向上させる。